安部と菅沢の両ベテランが終盤に持ち味を発揮した。最大8点差をつけられた第4クオーターの好プレーでチームを勢いづけ、逆転劇をお膳立てした。ホームでの連勝を5に伸ばし、桶谷監督は「2人がチームを活性化させてくれた」とたたえた。
 32歳の安部は3点シュート4本全てを決めるなど16得点。ファウルを誘いながらの3点シュートや冷静なプレーが光った。第4クオーターには10得点して勝負強さを見せつけ、「多くのブースターの前で負けたくなかった。離されそうなときにしっかり決めることができた」と振り返った。
 ボールへの執着心を見せたのは31歳の菅沢だ。「味方のプレーを手助けするのが仕...    
<記事全文を読む>