バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは24日、松江市総合体育館で島根スサノオマジックと対戦し、65―88で敗れた。通算成績は6勝13敗で東地区6位。

 青森ワッツは試合開始直後から、自らのファウルも絡んで相手に連続9得点を許すなど、苦しい立ち上がり。第2クオーター(Q)終了時で16点差をつけられた。

 後半は臼井弘樹らインサイド陣が奮起し、積極的にゴール下に切り込んで点を奪ったが、相手の勢いを止められなかった。臼井はこの試合を通し、1人で20得点を挙げる活躍を見せた。

 次戦は12月8、9日、五所川原市民体育館で、東地区3位の群馬クレインサン...    
<記事全文を読む>