高確率で3点シュートを決められ序盤から大差をつけられる、前日のリプレーのような展開。後半も巻き返せず、ネトヘッドコーチ(HC)は「序盤から試合をコントロールされた。チームは非常に厳しい状況だ」と頭を抱えた。

 第2クオーターまでに8本もの3点シュートを決められた。強みであるゴール下の攻防でも優位に立てず、ミスでボールを失うターンオーバーは前半だけで11を数えた。全くリズムに乗れないまま、ほぼダブルスコアで試合を折り返しては、逆襲のしようもない。

 23日の試合で今季最少の9得点に抑えられたトラソリーニはこの日、両チーム最多の28得点で意地を見せたものの、前半は1...    
<記事全文を読む>