バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは18日、八戸市東体育館で西地区の香川ファイブアローズとの第2戦に臨み、68―87で大敗した。通算成績6勝11敗で、東地区5位。

 青森ワッツは、第1クオーター(Q)中盤から香川の内外を使った攻撃に対応できず、点差を徐々に広げられた。20点のリードを許して始まった後半は、立て直せぬまま、第3Qで最大31点差に。開いた差は大きく、ホーム戦2連敗となった。

 次節は23、24の両日、松江市総合体育館で西地区の島根スサノオマジックと対戦する。

...    
<記事全文を読む>