バスケットボール男子のB2は17日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで8試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは東地区6位の福島に92―87で競り勝った。信州は3連勝で、通算成績は14勝2敗。
 信州は第1クオーター(Q)序盤からマーシャル、マクヘンリーを軸にした攻撃で流れをつかみ、10点のリードを奪った。第2Qも効果的に得点を重ねて45―31で前半を終えた。しかし、後半は外角シュート主体に攻撃を変えた福島に追い上げを許す展開。残り47秒で2点差まで詰め寄られたが、逃げ切った。
 信州は18日午後2時から同アリーナで再び福島と対戦する。

...    
<記事全文を読む>