松島が主力に食い込む活躍を見せている。1試合平均の出場時間は26分37秒で昨季の2倍以上。日本人ではチーム最長となる。

 1試合平均得点も昨季の3倍近い5・8点。課題のシュート力も克服しつつある。開幕前後にけが人が相次いだこともあり、同じポイントガードの多嶋が出ている時間帯も出場して得点を狙ってきた成果だ。

 司令塔役やシューターなど多くの役割を求められているが、そのことで、かえって「長く出ている分、勝ち数が伸びていないことにはふがいない思いがある」と言う。だから「連勝して、勢いをつなげたい」。

 レバンガは6日の練習から、試合中も含めて選手の運動量...    
<記事全文を読む>