プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズは三、四日、宇都宮市のブレックスアリーナ宇都宮で東地区一位の栃木ブレックスと対戦し、一勝一敗だった。通算三勝九敗で西地区五位のまま。

 三日の試合は93-90で勝利した。レイクスは前半からガニ・ラワル選手(29)とディオール・フィッシャー選手(37)の外国人二人を中心に攻撃を組み立て、強豪栃木相手に、互角に点を取り合った。第3クオーター(Q)にはディフェンスが機能して栃木にパスミスを誘発させるなどし、逆転に成功した。互いに譲らない試合は延長戦に突入したが、レイクスが栃木を振り切って勝利をつかんだ。

 四日の試合...    
<記事全文を読む>