バスケットボール男子、B2仙台は2、3の両日、松山市総合コミュニティセンターで西地区4位の愛媛と対戦する。1日は仙台市太白区のHALEOドームで約1時間半、守備陣形に重点を置いて練習した。
 愛媛はジョンソンとフィッツジェラルドの両パワーフォワードの1試合平均得点が20を超えている。桶谷監督は「2人のシュート機会をいかに減らすかが重要。前線から積極的にプレスをかけていく」と話した。
 10月29日に合流した新加入のティルマンは、リーグへの選手登録が完了し、愛媛戦に帯同する。

 日本人最長身、193センチの宮本が出場時間を伸ばしそうだ。泉の負傷で...    
<記事全文を読む>