北海道コンサドーレ札幌は、勝てば3位以上が確定し、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場が決まる最終節ホーム広島戦(12月1日、札幌ドーム)に向けて、ミニゲームなどを行った。主力組の3トップ右シャドーには、直近3試合で2得点と調子を上げているMF三好康児(21)が入り、2試合ぶり先発が濃厚。積み上げてきたものを全て出し切り、勝利をたぐり寄せてみせる。

■直近3戦2得点

 今年最後の一戦に集中する。練習を終えた三好は「最後なんで、勝つだけ。ホームだし、いいイメージを持って入りたい」。調子を上げてきた終盤戦の勢いそのままに、最終節も2位・広島を相手に躍動する。 <記事全文を読む>