サッカーJ3ギラヴァンツ北九州は25日、アウェーでガンバ大阪U‐23と対戦し、1-2で敗戦した。11日のブラウブリッツ秋田戦から3連敗。成績は6勝8分け17敗で、今季最下位(全17チーム)が確定した。今季も残すところ最終戦のみ。試合後、柱谷哲二監督(54)は「最終戦はホームなので、気持ちを切り替えて一戦必勝で勝ちたいと思います」とクラブを通じてコメントした。

 前半は一進一退の攻防だった。6分、DF福森健太選手(24)がミドルシュートを放つも、相手GKの好セーブに阻まれる。40分には、相手選手のシュートが味方選手に当たって方向が変わるも、GK中山開帆選手(25)の好セーブで...    
<記事全文を読む>