岩手県陸前高田市の名産品を販売する交流イベント「陸前高田ランド冬」が12月1日、川崎市中原区の等々力陸上競技場の場外イベント広場で開かれる。陸前高田市と友好協定を結ぶサッカーJ1・川崎フロンターレの今季最終戦に合わせて企画された。J1連覇の偉業を飾ったチームへの祝福の思いを込め、自慢の逸品をサポーターらに味わってもらう。

 今月10日の連覇が決まった瞬間、フロンターレ事業推進部の若松慧さんのスマートフォンが鳴りやまなかった。「優勝おめでとう。今度のイベントで、記念に何か一緒にできないかな」。そんな提案を含めた祝福のメッセージの数々が陸前高田市民から寄せられた。 <記事全文を読む>