混戦のサッカーJリーグ1部(J1)残留争い。既に17位柏レイソルと18位V・ファーレン長崎の降格は決まったが、J2のクラブと対戦するJ1参入プレーオフ(12月8日)に回る16位の可能性が残っているのは、13位ジュビロ磐田を含む5チーム。ジュビロは12月1日の最終節で残留を懸けて川崎フロンターレと戦う。29日、磐田市のヤマハ大久保グラウンドでは熱心なファン約200人が練習を見守り、選手に直接エールを送った。
 菊川市の会社員(50)は浜松市内の病院で検査などを受けた後、同グラウンドに駆け付けた。がんを患って6月から2カ月程の入院生活を余儀なくされ、現在も通院生活を送る。退院後に...    
<記事全文を読む>