クラブ記録を更新し、ゴールに鍵をかける! 北海道コンサドーレ札幌は、勝てばACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場が確定する最終節のホーム広島戦(12月1日、札幌ドーム)に向けて、約1時間半の練習を行った。今季開幕戦から33試合にフル出場中で、フィールドプレーヤーとしてはクラブ歴代最多記録を更新中のDF進藤亮佑(22)と、J1で昨季から40試合連続フル出場中のGK具聖潤(24)が、シーズン完走での勝利を約束した。

 プロ4年目で今季は全試合フル出場中と、飛躍の年となった進藤が、勝利だけを見据えた。「次に勝たなきゃ、意味がない」。けがや累積警告での出場停止がつきもののディフェ...    
<記事全文を読む>