J1仙台のエース、FW石原直樹が今季、チームでただ一人リーグ戦全33試合に出場している。12月1日の神戸との最終戦(ノエビアスタジアム神戸)でピッチに立てば、自身初のJ1全試合出場を達成。プロ16年目の34歳がフル回転の働きでチームを支えている。

 現在は7得点で、9月にCSKAモスクワに移籍したFW西村拓真の11得点を除き、チームトップ。厳しいマークに遭いながら、一瞬の抜け出しやシュート技術の高さを見せる。10日の広島戦(エディオンスタジアム広島)では古巣相手に豪快なボレーシュートを決め、6試合ぶりの勝利の立役者となった。
 味方を生かすポジショニング...    
<記事全文を読む>