J1最終節が12月1日に迫る中、サガン鳥栖のGK権田修一が敵地・鹿島戦に向けて闘志を燃やしている。現在15位の鳥栖は勝ち点40で湘南、名古屋と並び、勝つか引き分けで残留が決まる一方、敗れればJ2とのプレーオフに回る可能性がある。チームで唯一、リーグ戦フル出場を続ける守護神は「残留以外の選択肢はない」と強敵撃破を誓っている。

 「鹿島は最高の準備をしてくるはず。僕たちはそれ以上の準備をしないと勝てない」-。27日の全体練習。権田はワンプレーごとに仲間と問題点を指摘し合い、大一番への士気を高めた。

 チームは今季、得点力不足に苦しむ一方、守備で踏ん張って勝ち点を重ね...    
<記事全文を読む>