「社会を明るくする運動」の県推進委員会が主催するサッカー教室が23日、佐賀市の北川副小であった。サガン・ドリームスのコーチら8人を講師に迎え、佐賀市内の小学生ら約100人がドリブルやパス、シュートなどサッカーの基本技術を学んだ。

 教室はスポーツを通じてルールを守ることや人との交流の大切さを学んでもらう目的で、県内各地で開催している。推進委員会事務局長で佐賀保護観察所長の橋爪成光さんは「サッカーを通じて助け合う精神を育んでほしい」と狙いを語った。

 この日のサッカー教室では学年別のグループに分かれた。1年生以下の班では、子どもたちが2人一組でキーパーとキッカーの...    
<記事全文を読む>