九州大学サッカーリーグ最終節最終日は25日、福岡県の小郡運動公園陸上競技場で2試合が行われ、鹿屋体大が既に優勝を決めている福岡大に3-2で勝ち、勝ち点44とし、同43の宮崎産経大を上回り3位が決定した。福岡大と2位日本文理大、鹿屋体大は12月12日に首都圏で開幕する全日本大学選手権に出場する。

 3位になるためには勝利しかない状況で、FW沢居道(わたる、4年)が3得点の大暴れだ。前半14分に先制ゴールを決めると、後半にも2ゴールを挙げ、「ハットトリックは大学では初めて。こんな大事な試合で達成できてうれしい」と喜んだ。J1名古屋U-18に所属していた高校時代はFWだったが、大...    
<記事全文を読む>