J1サガン鳥栖の世界的ストライカーで元スペイン代表のフェルナンドトーレスが25日、大相撲九州場所千秋楽を観戦した。「相撲を見るのは初めてなんだ」と興味津々で妻子とともに土俵上の熱戦に視線を送った。前日24日の横浜M戦では決勝点を挙げてチームの自動降格回避に貢献。力士たちに刺激を受けて最終節の鹿島戦に臨む。

...    
<記事全文を読む>