仙台の石原がファンと報道陣がそれぞれ投票して選ぶ今季のチームMVPをそろって獲得した。リーグ戦で開幕から33試合全てに出場し、現在のチーム最多の7得点で攻撃を引っ張ったことが評価されての2冠となった。
 J1、J2通算400試合出場を果たした前節の広島戦では決勝ゴールを決め、6戦ぶりの勝利に貢献。鹿島戦の前にも「継続しないといけない」と誓っていたが、相手の手堅い守備にシュートを打てず、悔しいホーム最終戦となった。
 「しっかり仕事をしたい」という決意を胸に、最終節の神戸戦や決勝進出を目指す天皇杯に向かう。

...    
<記事全文を読む>