サッカーの皇后杯全日本女子選手権は24日、富山県総合運動公園陸上競技場などで2回戦8試合が行われた。なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は関東地区代表の早大を2-0で退け、東北地区代表の宮城・常盤木学園高はなでしこリーグ2部の愛媛を1-0で破り、それぞれ3回戦に進んだ。
 2回戦から登場の仙台は、後半21分と42分にいずれもCKから坂井が頭で決め2ゴールを挙げた。仙台の千葉監督は「流れの中で得点できず、予想通り難しい試合になった。その中でもセットプレーから2点を奪うことができたのは次につながると思う」と話した。
 常盤木学園高は前半3分、沖野が左足...    
<記事全文を読む>