サッカーJリーグ1部(J1)は24日、各地で第33節の9試合を行い、北海道コンサドーレ札幌は静岡県磐田市のヤマハスタジアムで磐田に2―0で快勝し、過去最高順位の4位以上が確定した。現在4位の札幌は最終節(12月1日・札幌ドーム)で2位広島に勝つと、広島を抜いて3位以内が対象のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を自力で獲得する。

 札幌は前半12分に先制すると、後半31分には途中出場の三好がペナルティーエリア手前右から左足を振り抜き追加点を挙げた。

 札幌のJ1過去最高順位は2001年、17年の11位。現在の勝ち点は54で、最終節で戦う2位広島は同56。...    
<記事全文を読む>