早大OGの奥川が母校との初対決に燃える。昨年は主力として3回戦で強豪のINAC神戸を破る快挙を演じた。逆に迎え撃つ立場となった一戦を「積極的かつ前向きに動きたい」と心待ちにする。
 INAC神戸戦は右サイドバックでフル出場。個の力で上回る相手に走り負けず食らい付いた。「レベルの高い相手に燃え、いつも以上の力が出た」と言う。「下克上」の怖さはよく分かっている。「あまり気負わずプレーしたい」と平常心を心掛ける。
 トップリーグで戦い抜いた自信がある。新人ながらリーグ戦18試合のうち17戦に出場し、INAC神戸戦の時は、センターバックから転向したばかりだった。「多くのこと...    
<記事全文を読む>