野津田が約3週間ぶりの試合出場に闘志を燃やす。10日の前節広島戦は期限付き移籍している契約上、プレーできなかった。「試合に飢えている。ホーム最終戦で一年の集大成を見せたい」と気力、体力をみなぎらせる。
 休養十分だけに動きははつらつとしている。22日の紅白戦。中央でボールを持つと矢島へのスルーパスで好機を演出し、左サイドでは関口とのパス交換から今度は自らDFの裏に抜ける。ゴールに向かう意識も高く、豪快なシュートを決めて見学していたサポーターのどよめきを誘った。
 2-1で勝った5月の前回対戦は「個人の戦いで手応えをつかめた試合だった」と振り返る。鹿島はマンツーマン気...    
<記事全文を読む>