3日にJ2昇格とJ3優勝を決めたサッカーのFC琉球は23日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでリーグ最後のホーム戦を行い、SC相模原に5―1で快勝した。今季のホーム戦の通算成績は12勝4分けとなり、初のホーム戦無敗を達成した。琉球は昨季の2017年9月のセレッソ大阪U23戦で勝利して以降、21試合連続でホーム負けなしを継続している。

 試合後は「2018シーズンエンドセレモニー」が開かれた。金鍾成監督は「ホーム無敗を達成できうれしい。これからも皆さんと戦っていきたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>