フットサルの全国リーグ・Fリーグは23日、第23節を浜松アリーナなどで行い、最下位の浜松は5位湘南に2―8で敗れた。
 浜松は前半1分にオウンゴールを許した直後の3分、須藤が放ったシュートのこぼれ球を鷲北が押し込んで同点に追い付いた。しかし、その後はロングボールやクロスなどを多用する湘南のシンプルな攻撃を防げず、失点を重ねた。
 後半は序盤に1点を返した。シュート数は相手を上回る16本に上ったが、決定機に外したりパスをカットされたりとミスが目立った。

 湘南(42) 8(5―1 3―1)2 浜松(8)
 ▽得点者【湘】OG2、植松、本...    
<記事全文を読む>