札幌のGK具聖潤(ク・ソンユン)(24)が今季、警告の回数を大幅に減らしている。昨季は主に遅延行為で5度の警告を受け、累積警告(4度)による出場停止もあったが、今季の警告は1度のみ。チームの攻撃のテンポを遅らせないように気を付けていることが要因で、自身初のリーグ戦全試合出場も見えている。

 昨季はJ1残留争いの中、守備的な戦いで相手に攻め込まれる時間帯も多かった。「勝っていたり、0―0で終わりそうだったり、押し込まれていたりする時」(具聖潤)はゴールキックの準備などに時間をかけた。試合の流れを落ち着かせるほか、時間を進めることで勝ち点を拾うためだ。

 ただ、代償...    
<記事全文を読む>