サッカー日本代表監督をはじめ、主要ポストに卒業生を次々と送り出している関学大サッカー部が創設100周年を迎えた。その歩みは日本サッカーの発展と重なり、日本協会トップとして2002年の日韓ワールドカップ(W杯)誘致を成功させた故長沼健氏ら殿堂入りOBも4人を数える。12月1日の記念式典を前に、名門の足跡をたどった。(有島弘記)

 

 1889(明治22)年に開学した関西学院は現在の兵庫県西宮市ではなく、今の王子動物園(神戸市灘区)が拠点だった。神戸港から外国の文化が入った時代で、サッカーも学生の身近にあった。

 関学大の体育会同窓倶楽部の会報...    
<記事全文を読む>