サガン鳥栖は24日、J1残留を懸けた大一番を迎える。鳥栖市のベストアメニティスタジアムに迎えるのは11位の横浜F・マリノス。鳥栖はホーム最終戦となるこの試合に勝ち、ライバルの湘南、名古屋がともに引き分け以下ならば1試合を残して残留が確定する。今季9勝のうち7勝を挙げているホームで悲願を達成したい。

 「強気で勝ちに行く。今節で残留を決める」。10月の就任後、リーグ戦2勝1分けと結果を残している金明輝キンミョンヒ監督は勢いそのままに難敵を撃破することを誓う。

 鳥栖は通算成績9勝10分け13敗(勝ち点37)の15位。4日の長崎戦はMF原川力選手が奪ったゴールを守り...    
<記事全文を読む>