サッカーJ2松本山雅FCは21日、J1に昇格する来季も反町康治監督(54)が指揮を執ることが決まったと正式発表した。

 反町監督は埼玉県出身。Jリーグでは新潟と湘南で指揮を執り、2008年北京五輪男子日本代表監督も務めた。12年のJ2初参戦と同時に松本山雅の監督に就き、14年に最初のJ1昇格を決めた。J2に降格して3年目の今季は今月17日の最終戦で初優勝を果たし、チームを4年ぶりのJ1昇格に導いた。

 反町監督は8年目となる来季に向け「再び挑むJ1の舞台で、チャレンジ精神を持って一生懸命努力して頑張っていきたい」とコメントした。チームは21日...    
<記事全文を読む>