J2ロアッソ熊本は18日、渋谷洋樹監督(51)が来季も続投すると発表した。就任1年目の今季はリーグワーストの79失点を喫するなど守備が崩壊し、9勝7分け26敗の勝ち点34で降格圏の21位。ただし、J2昇格の資格がないJ3沼津が2位で終えれば熊本はJ2に残留することになる。

 クラブから続投要請を受けた渋谷監督は公式サイトに「いろんな思いがありましたが、皆さまとともに勝利の喜びをもっとたくさん分かち合いたい、また、ロアッソ熊本を成長させること、未来につなげることが使命と感じた」とコメント。「来季は勝負にこだわる戦いを前面に出し、覚悟を持って戦いに臨みます」と巻き返しを誓った。...    
<記事全文を読む>