J2最終節の結果を受け、参入1年目で17位以下が確定しているV・ファーレン長崎の降格も決まった。昇格の資格を持たない町田が4位に終わり、J1参入プレーオフ出場の可能性が消えた。高田明社長はクラブのホームページにコメントを発表。J2降格決定を謝罪し、「今季のこれまでを振り返れば、『あそこで!』といった思いは多々あります。タラレバにはなりますが、それがJ1の厳しさであるとも感じています」とコメント。さらに「今季のJ1でのあらゆる経験、価値は限りなく大きなものです。これを生かすのはチームの使命です。V・ファーレン長崎が、長崎で、日本で、アジアで、世界で躍動するために、ファンの皆さんのお力とと...    
<記事全文を読む>