◆明治安田生命J2:第42節 山形1-1大分(17日・NDスタ)

 J3から3年、スピードJ1! J2大分トリニータが最終節で山形と1-1で引き分け、勝ち点76の2位で6季ぶり3度目のJ1へ自動昇格を果たした。J3に降格した2016年に就任した片野坂知宏監督(47)が3年かけて攻撃サッカーをつくり上げ、リーグトップの76得点をマーク。同じ勝ち点で3チームが並ぶ大混戦を得失点差で制した。優勝は同77の松本。J1昇格資格のない町田が4位で自動昇格圏に入らなかったため、J1の16位が参入プレーオフに回ることが決まり、17位以下が確定していた長崎のJ2降格も決定した。

...    
<記事全文を読む>