サッカーJ2・モンテディオ山形の本拠地となっている県総合運動公園陸上競技場(天童市)の名称について、県は16日、施設命名権(ネーミングライツ)を持つエヌ・デーソフトウェア(南陽市、佐藤広志社長)と契約更新で合意したと発表した。施設名は引き続き「NDソフトスタジアム山形」とする。

 契約は2019年3月1日から22年2月28日までの3年間。同社は07年からの命名権スポンサー企業で、連続5回目の契約となる。契約金は前回(16年3月1日~19年2月28日)と同じ年間2100万円。前回交わした契約書内の優先交渉権によって同社は契約を更新した。

...    
<記事全文を読む>