松本市のサンプロアルウィン(サンアル)で17日、今季リーグ最終戦に臨むサッカーJ2松本山雅FC。J1再昇格とJ2初優勝まであと1勝としたクラブを特別な思いで見つめる人たちがいる。地域リーグ時代から山雅の選手としてプレーし、現在は運営会社の社員として働く9人の元選手たちだ。16日、会場設営などを進めた元選手たちは、最高の舞台に立ち会える喜びをかみしめていた。
 「スタッフとして戻ってこないか」。2013年、JFLの横河武蔵野FC(当時)との契約が満了した小林陽介さん(35)は、山雅運営会社の幹部からこう誘われた。山雅に所属したのは09年から2年間。だが、横河武蔵野に移った後も試...    
<記事全文を読む>