サッカーJ1昇格とJ2初優勝がかかった松本山雅FCを応援しようと、十七日のホーム最終戦で色紙を使った観客席での人文字パフォーマンス「コレオグラフィー」が披露される。その準備作業が十六日、松本市のサンプロアルウィンであった。

 二〇一五年から毎年行われ、今年で四回目。これまでに「一心」や「今こそ共に」などの文字を浮かび上がらせてきた。

 今回は約二万枚の色紙を用意。サンアルのメインやバックスタンド、アウェイ側ホーム自由席を緑色で埋め、ホーム側スタンドは緑のほか、赤、白、黒を使って文字を浮かび上がらせる。

 この日行われたのは紙の仕分け作業で、約六十人の...    
<記事全文を読む>