ワールドカップ(W杯)日本代表に4度選ばれ、今季限りで引退するJ3相模原のGK川口能活(43)が14日、相模原市内で記者会見し「多くの方に支えられ、サッカーを続けられた。感謝しかない」と涙をこらえながら言葉をつないだ。

 低迷期を脱し、1996年アトランタ五輪や初出場の98年W杯フランス大会といった世界の舞台に打って出た日本を支えた。近年は「続けるか引退か、はざまで揺れていた」と言う。今夏のW杯ロシア大会で16強入りした日本の戦いぶりを見て引退を決めたそうで、「選手とは違った形で貢献したいと思った。まだ余力はあるが、決断に悔いはない」と晴れやかな表情で話した。

...    
<記事全文を読む>