サッカー日本代表のゴールキーパーとして4度のワールドカップ(W杯)を経験した川口能活選手(43)が14日、相模原市内で引退会見を開いた。現役最後の日々を過ごしているJ3のSC相模原では率先してファンと交流し、チームの顔として愛されてきた。会見で「サッカーが好きだと再認識できた」と相模原での3年間を振り返った川口選手を、地元ファンは感謝の気持ちを込めて送り出すつもりだ。

 SC相模原の応援団体「グリーンバルク」代表の宮川大介さん(42)は「スーパーセーブの数々が忘れられない。もっと長く活躍してほしかった」とため息をつく。試合後にサポーターとハイタッチをする恒例のイベ...    
<記事全文を読む>