サッカーのドイツ・ブンデスリーガ、ドルトムントで活躍した元ドイツ代表GKのロマン・ワイデンフェラーさん(38)が十三日、蟹江町新千秋の希望の丘広場フットサルコートを訪れ、近隣の少年サッカー選手たちと交流した。

 ワイデンフェラーさんは二〇一四年のW杯でドイツが優勝した時のメンバー。すでに現役引退しているが、クラブでは一八年W杯日本代表の香川真司選手や、現名古屋グランパスのランゲラック選手と一緒にプレーしたことがある。

 この日は参加した小学生約三十人に交ざり、パス練習や紅白戦でプレー。得点を決めた選手に駆け寄って笑顔でハイタッチを交わした。PK練習では三メートル...    
<記事全文を読む>