J1鹿島は13日、FW鈴木優磨(22)がチームドクターによる検査を受け、右足関節捻挫により全治約2週間の診断を受けたと発表した。鈴木は国際親善試合に臨む日本代表に初選出されていたが、負傷のため参加を辞退した。

 鈴木は10日(日本時間11日)のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦・ペルセポリス(イラン)戦に先発出場。後半に相手選手と接触し、負傷交代していた。同大会では大会MVPを受賞した。

...    
<記事全文を読む>