サッカーJ2・モンテディオ山形を運営する株式会社モンテディオ山形の森谷俊雄社長(64)が、今季のリーグ戦終了後に辞任する意向を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。来季のチームや予算編成の作業が本格化する時期を考慮し、2019年春までの任期を前に後進に託す決断をしたとみられる。

 森谷氏は県環境エネルギー部長、県産業技術振興機構専務理事などを経て、15年12月に社長に就任し、17年に再任された。在任中のJ1昇格はならなかったが、入場者数の増加に向け、集客力アップなどに力を入れた。

 リーグ最終戦は17日。その後、臨時の取締役会を経て辞...    
<記事全文を読む>