日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸は第2ステージ第14節の11日、三重県東員町スポーツ公園陸上競技場で、ヴィアティン三重と対戦し、3-1で勝利した。勝ち点を53に伸ばし、チームのJ3昇格条件の一つである「年間通算順位4位以内」が確定。ヴァンラーレが来季、青森県初のJクラブとなることが確実となった。

...    
<記事全文を読む>