徳島ヴォルティスのホーム最終戦が行われた11日、試合前の鳴門ポカリスエットスタジアムでは、今季プロになったルーキーたちがスーツ姿で奮闘していました。

 「新人研修中」のたすきをかけた井澤春輝選手と坪井清志郎選手。クラブスタッフに連れられて、関係者入口やグッズ売り場などを見学した後、メインスタンドの入場口と再入場口にスタンバイし、来場者に対応するスタッフの仕事を体験します。クラブによると、新人選手が毎年ホームゲームで行っている研修だそうです。(※この時間、渡井理己選手はサイン会のため、不在でした)

 この試合の来場者プレゼントであるポストカードを観客に配ったり、再...    
<記事全文を読む>