「Jリーガー八十人を輩出したが、プロの養成所ではない。サッカーを通じ、学生が人としてどう成長できるかが大事」

 流通経済大(龍ケ崎市)サッカー部の監督に就任して二十年。一部リーグ優勝を三回、大学日本一を五回の実績を残した。無名校から全国屈指の強豪に押し上げながらも、教育の大切さを強調する。

 就任当時は「専用のグラウンドも寮もない。今だから笑って話せるが、語り尽くせないほど、いろいろな問題があった。何度も辞めようかと思った」と振り返る。

 大半がたばこを吸い、ピンクや紫色の改造自動車で通う部員もいた。生活費が減った月末には、栄養バランスを考えず、しょう...    
<記事全文を読む>