磐田がしぶとく守ってJ1残留に“王手”をかけた。後半42分、GKカミンスキーがFC東京の森重に至近距離から打たれたシュートを右手で阻止し、すぐに立ち上がって張賢秀のシュートを左足で止め、しのぎきった。
 「最初のシュートは相手との距離を縮めてコースを消すことを考えた。2本目は自分の足に当たってくれた」とカミンスキー。10月の清水戦で5失点するなど、昨季J1最少失点だったチームを支えた守護神にとって屈辱的な試合が続いたが、最近4試合で3度目の無失点。「9月の名古屋戦で6失点した後、セットプレーの守備を中心にみんなで話し合って改善した成果」と堅守の復活に手...    
<記事全文を読む>