サッカーの明治安田生命J1リーグは10日、大阪・ヤンマースタジアム長居などで第32節が行われ、首位の川崎フロンターレ(勝ち点63)はセレッソ大阪に敗れたが、2位のサンフレッチェ広島(同56)も敗れたため、フロンターレが2試合を残して2年連続2度目の優勝を決めた。

 Jリーグ連覇は2012~13年のサンフレッチェ広島以来で、史上5クラブ目。1993年のJリーグ発足時の加盟10チームを除く“後発クラブ”としては初の偉業となった。

 C大阪戦は0-1の後半45分にMF家長昭博のPKで同点に追いついたが、同ロスタイムに決勝ゴー...    
<記事全文を読む>