サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦は10日(日本時間11日)にテヘランで行われ、J1鹿島がペルセポリス(イラン)に0-0で引き分け2戦合計2-0で初優勝を果たした。8度目の出場で悲願のアジア王者のタイトルを手にした。国内外の主要タイトル数を20に伸ばした。大会MVPにはFW鈴木優磨が選ばれた。鹿島はアジア代表として12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブワールドカップ(W杯)に出場する。

鹿島は8度目出場の今大会で日本勢唯一の決勝トーナメント進出を遂げると、クラブ初の4強、決勝進出と勝ち上がった。

日本勢は昨年のJ1...    
<記事全文を読む>