第32節最終日(10日・Eスタほか=8試合)川崎の2連覇が決まった。C大阪に1-2で敗れ勝ち点63から上積みできなかったが、2位広島も仙台に0-1で負け5連敗。残り2試合で勝ち点7差が変わらなかった。2連覇は2012、13年の広島以来。2試合以上残しての優勝は10年の名古屋以来となった。
 仙台は6戦ぶりの白星となり残留を決めた。通算成績は13勝6分け13敗の勝ち点45で順位は10位のまま。
 最下位の長崎は横浜Mに0-1で敗れ、自動降格圏の17位以下が決まった。札幌は浦和に競り負け、既に試合を終えていた3位鹿島と1差の4位。G大阪は湘南を下し、8連勝とした。清水は...    
<記事全文を読む>