J2残り2試合で自動昇格圏内の2位につけている大分トリニータの後藤優介(25)が9日、3年連続でホーム最終戦(対金沢、10日・大分銀行ドーム)でのゴールを決め、自力での昇格へ王手をかけることを誓った。

■ホーム最終戦めっぽう強い

 2位大分は、3位町田と勝ち点72で並び、自動昇格圏の2位以内を争う大激戦。優位に最終節を迎えるためにも、今季最後のホームでは絶対に負けられない。「サポーターに笑顔で終わってもらいたい。チームのためにも、貪欲に得点を狙う」。育成組織出身で2012年から大分でプレーする後藤が闘志を見せた。

 ホーム最終戦では2年連続でゴールを...    
<記事全文を読む>