J1清水の日本代表FW北川航也(22)が8日、16日のベネズエラ戦(大分)、20日のキルギス戦(豊田)に臨む日本代表に招集されたことについて「結果を意識し、インパクトを残したい」と意気込みを語った。
 追加招集となった10月に続いての代表入り。「選ばれることが目標ではない。自分もサポーターも結果を求めている。FWである以上は得点を」と表情を引き締めた。
 代表デビューとなった10月のパナマ戦は、後半途中から出場したがシュート0本に終わった。「(海外の代表チームの)スピード、接触の強さは想像以上」と振り返る。来年1月のアジアカップを見据えた2試合に向け、「前線は個の強...    
<記事全文を読む>