3日の柏戦で左目を負傷し、全治3週間と診断されたJ1川崎のFW小林悠が7日、史上5クラブ目のリーグ連覇が懸かる10日のアウェーC大阪戦の勝利を仲間に託した。

 フロンターレのエースはC大阪戦に加え、24日のFC東京戦の出場も難しい状況だ。この日、川崎市内のクラブハウスを訪れた小林は「(優勝を決める)ピッチにいられないのは悔しいし、切ない」としながらも、「みんな大して気にしていなかったので、平常心でやってくれると思う」と気丈に話した。

 左眼窩底(がんかてい)骨折と診断され、現在は目が真っ赤に充血した状態。「骨折しても(試合を)やれるならいいと...    
<記事全文を読む>